金についての豆知識

金の純度について

金は軟らかくてそのままではアクセサリーとして使用するには向いていません。変形したりキズが付きやすい為です。アクセサリーとして使用するには銅や銀と混ぜて強度を上げます。金の割合が多ければ多いほど価値は高くなります。

 

K24(24金)
混合物が全く入っていない純度が99.99%以上の純金です。金としては最もグレードの高いものになります。インゴットやコインなどに使用されます。インゴットなどには「999.9」と刻印されていて「フォーナイン」とも呼ばれています。

 

K22(22金)
24分の22の割合で金が使用されています。強度としてはまだ弱く、アクセサリーには向いていません。

 

K20(20金)
24分の20の割合で金が使用されています。一番美しいゴールドとされています。

 

K18(18金)
24分の18の割合で金が使用されています。アクセサリーとして使用されることの多いものです。

 

K14(14金)
24分の14の割合で金が使用されています。硬さもあり、加工もし易く複雑にデザインし易いです。

 

K12(12金)
24分の12の割合で金が使用されています。変色しやすいという難点があります。

 

K10(10金)
24分の10の割合で金が使用されています。純度が低くお手軽に購入できます。ファッションジュエリーとして人気のものです。

 

金・プラチナの買取ならアプレ・ジュエラーズへ