金についての豆知識

多彩な色彩を持つ合金:カラーゴールド

75%の純度の18金に、他の素材をさらに25%加え、作られた合金をカラーゴールドと言います。軟らかい金の特徴から、変形や傷がついてしまったりと装飾品としての使用には向いていません。ですので装飾品として使用するにはさらに他の素材と合金して強度を上げるのです。そして、金に合金する金属の種類や配合率によって色が変化します。種類によって金価格は変わります。

 

ホワイトゴールド
K18の場合、金75%、銀15%、ニッケルまたはパラジウム10%の割合での合金。プラチナと見た目は似ているが別物。

 

イエローゴールド
18Kの場合、金75%、銀10%、銅15%の割合での合金。「青割」とも呼ばれる。

 

ピンクゴールド
18Kの場合、金75%、銀15%、銅10%の割合での合金。「赤割」とも呼ばれる。

 

これらは「スリーカラー」と称されます。「スリーカラー」以外にも以下のような種類があります。

 

グリーンゴールド
18Kの場合、金75%、銀25%の割合での合金。

 

レッドゴールド
18Kの場合、金75%、銀10%、銅15%の割合での合金。

 

パープルゴールド
18Kの場合、金80%、アルミニウム20%の割合での合金。

 

このように金の中にも様々な色のバリエーションがあります。どれも特有の美しさがあります。

 

金・プラチナの買取ならアプレ・ジュエラーズへ