金についての豆知識

金の価値

金は常に世界中で取引されています。世界共通の通貨とも言えるでしょう。金の歴史は紀元前と言われており、そんな遠い遠い昔から富と名誉の象徴とも言え、非常に価値のあるものとしての歴史があります。そして、今までにその価値が失われた事はありません。金の採掘量には限りがあり、長い歴史の中で今までにオリンピック公式プール約3杯分相当しか発掘されていません。そして後20~30年で尽きてしまうようです。これから分かるように非常に希少性が高いのです。これから先もその価値を失う事は無いでしょう。

 

金はアクセサリーや資産目的の他にも、酸化に対する抵抗力が高く、電気抵抗が小さい、延性が高いといった性質から工業用品にも使用されています。銀行の保有資産、新興国の金の需要増加、工業用品の需要増加などからもこれから先さらに希少性が高まり、金相場価格は上昇する可能性も考えられます。

 

資産目的として近年非常に人気の高まっている金。株や為替などに比べてリスクが低く、信用は抜群です。金そのものに価値があるので、会社の倒産や国の通貨危機によって価値が失われる事もありません。見た目の黄金色に輝く美しさが持つ高級感以外にもそういった安全性が人気の理由のようです。月々決まった金額で積み立てるという人も多くなってきているようです。

 

金・プラチナの買取ならアプレ・ジュエラーズへ