金についての豆知識

金とプラチナ

金の価値とプラチナの価値とはどういったものなのでしょうか。

 

金は普遍性・希少性から世界共通の価値を持ち人気があります。
さらに歴史が古く、人の歴史のとなりには常に金が存在していました。
装飾品はもちろん、工業用品としても需要があります。全世界での総量は競技用ブール3杯分しかありません。

 

一方、プラチナの相場が高価なのは総量がとても少ない点があげられます。
金よりさらに少なく6mの立方体の量しかないと言われ、希少性の点で金より相場が高くなっています。しかもそれだけではありません。
燃料電池などにも使われ、供給量と比べて総量が少ない点、またプラチナは代わりの物がない点など、金と比較しても希少性は高いのです。

 

ですが、金にはどれだけ世界、また国の情勢が変わろうとも、経済に混乱が生じても、変わらない魅力と価値があります。
それは人と金の歴史ともいえます。
プラチナの採掘は金と比べても歴史が浅いため金の価値が安定している要因のひとつでもあります。

 

本日の金の価値は安定しているか、最新の金相場情報をチェック