金についての豆知識

消費税

これは金の売買の際に関わってきます。どちらの場合も消費税がかかります。来年4月から消費税は現在の5%から8%に引き上がります。これが金にとって大きく関係してきます。1g数十円、数百円の差ではありますが100gだとその100倍変わってきます。売買する量が多ければ多いほど差額も大きくなります。

 

来年4月までに購入して来年4月以降に売却すれば引き上がった消費税分の3%分が利益として出るのです(金価格は同じとした場合)。さらに10%まで引きあがると言う事でさらに利益が見込めます。これは金は価値を失う事がない、保有していても税金がかからない為できるのです。しかし、価値を失わないといっても購入時よりも売却時に金相場が下がっていると損益が発生する可能性もあります。売却時にはタイミングも大事になってきます。

 

2014年にかけてはアメリカの緩和縮小から引き締め金融政策の流れによって金価格が高騰する可能性は低いという見解もありますが、金の採掘に限りが見えてきている事を考えると長期的には金価格は高騰する可能性は高いです。

 

金には利息や配当はありませんが、株などのリスクヘッジや将来の為の資産保全として金への投資が良いのではないでしょうか。

 

最新の金相場情報はアプレへ