金についての豆知識

為替と金

かつては通貨であった金。現在でも為替相場と金は大きく関係があります。

 

世界中で常に取引されている金は米ドル建てで取引されています。すなわちこの米ドルと金の関係も非常に大きいのです。これらを歴史的経緯や物価の変動といった点から見ていきましょう。

 

戦後米ドルと金は固定相場になっていました。金は1オンス35ドルでした。1ドル紙幣は金1グラムにほぼ等しいと言える事ができていました。しかし、当時のアメリカ大統領であったニクソン体制の時にこの構図が崩壊した為、これを「ニクソンショック」と呼んでいます。1971年、アメリカはドルと金の定率交換を中止しました。こうしてドルと金の関係は経済状況によって変動する変動相場制になったのです。

 

これまで米ドルは金と等しい価値であったのに、そうではなくなってしまった為、米ドルの信用はすぐさま失われてしまいました。米ドルの価値が下がった為、米ドル建ての金相場が上がったように錯覚するという事になるのです。つまり米ドルの価値が下がると金相場が上がり、米ドルの価値が上がると金相場が下がるという事になるのです。反比例しているのです。

 

米ドルの価値が変わっていないのに金価格が上がっていれば金が買われている、米ドルに対して日本円が売られているという背景があります。金価格が上がっても円建ての金価格が変わらなければ米ドルが売られているといった背景があるのです。

 

最新の金相場情報はアプレへ