金についての豆知識

金の採掘

少し前なら金の産出国といえば南アフリカでした。しかし、今ではインフラ老朽化が原因とされている為、採掘量が減ってきていて、近年では中国やアメリカ、オーストラリア、ロシアなどが挙げられます。しかし、中国以外はすでに採掘量が減ってきているのです。

 

ここ日本でも室町時代~江戸時代にかけて金の採掘はされていましたが現在はほとんど採掘していません。佐渡金山が有名ですね。その他にもあったんですが日本の地形の構造が露天掘りできない為に採掘が困難だったからです。

 

九州で菱刈金山が発見されました。金埋蔵量は約400トンという世界でも優良な鉱山です。佐渡金山で380年かかって採掘した金の量を菱刈金山はたった10年で採掘しました。この菱刈鉱山を所有しているのが住友金属です。金価格が上がるとこの会社の株も注目されて上がります。この菱刈鉱山がいくら優良だといっても年間の金採掘量は7トン強程で、世界の年間の金採掘量は2300トンですから規模が違います。これ程採掘される金も後20年~30年程で枯渇されるといわれています。これからは新規開拓が必要です。

 

金は地球の核の部分からマグマの上昇と共に地表近くまで沸きあがってきます。その為、火山の多い国は金が採れるのです。

 

金・プラチナの買取ならアプレへ