金についての豆知識

株と金


株と金

 

経済に比例する株 景気に反比例する金

株と金、どちらがこれからの投資に有利なのか。資産運用のうまいやり方は安く買って高く売る事です。ここ最近、日本国内では株式と金、どちらが値を下げているのかというと株式です。もちろん今後は分かりません。バブル崩壊後という言葉もよくニュースや新聞などで目にしました。株は景気が良くなるとそれに比例するように値を上げます。逆に景気が悪くなるとそれに比例して値を下げます。

 

では金はどうなのでしょうか。世界中で取引されている国際価格は上昇傾向でしたが、日本国内では円高の影響もあり下降傾向でした。これは最近値を戻してきています。金は世界的に景気が良くなるとそれに反比例するように値を下げます。逆に景気が悪くなるとそれに反比例して値を上げます。

 

この両者、どちらが値を上げそうなのかというと、ずばり金です。その理由は金の国際価格は上昇傾向にあり、それに加えて世界同時不況にあり、金に投資をする人が増えているからです。経済が不安定な時は手堅く投資する傾向がありますので、金そのものに価値がある金に投資するのです。さらには円高も解消された事も影響してくるでしょう。これらの事をふまえると金の方がこれからの投資に有利だと言えるのです。

 

リターンがあるという事はリスクも勿論あります。どちらに投資するにしても、リスクを考えて無理をせずに投資するようにして下さい。

 

金・プラチナの買取ならアプレ・ジュエラーズへ