このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  貴金属は人工的に作り出すことができない、地球上の限りある希少資源です。
その貴金属は、鉱山から採掘・輸入され、宝飾品や工業品として製品化され消費された後、一般家庭などに地上資源として眠っています。いわゆる都市鉱山(アーバンマイン)と呼ばれるものです。 日本の都市鉱山に金は、約6,800トンと世界の現有埋蔵量42,000トンの約16%におよび、その他の貴金属も世界埋蔵量の一割を超えます。実は日本は世界有数の資源大国なのです。
近年では、新規の鉱山開発が難しくなっており、供給も微減してきています。リサイクル推進による省資源・循環型社会の構築が、より一層重要な意味をもってきています。

私たちは、都市鉱山に眠っている貴金属を掘り起こす採掘企業として役割を果たしたい。そんな思いから貴金属に特化したリサイクル事業を1998年にスタートしました。
そして、今では全国的に貴金属の買取が一般に浸透したことで、多くのお客様とお取引いただけるようになりました。

いま、世界は資源のリユースやリサイクルを取り入れた循環型社会へ急速に変貌しています。当社では、お客様にご満足を提供することはもちろん、都市鉱山開発による地球環境に寄与する活動を推進し、社会に貢献できるよう努力してまいります。
 

私たちが事業を開始した1998年には、貴金属買取店という業態はなく、貴金属買取自体が一般的ではありませんでしたので、当然貴金属もあまり集まりませんでした。
集客手法や接客に工夫を重ね、査定力を磨くことで地域の皆様に利用されるようになってまいりました。

また、更に貴金属を集め、再資源化していくには、日本全国にたくさんの買取店がなければならないと考え、自社で店舗を持っているという強みを活かし、培ったノウハウを研修というかたちで公開し、たくさんの企業様や個人の方に貴金属買取事業に参入するお手伝いをさせて頂いてまいりました。

私たちは、マーケットの拡大とお客様の発展が弊社の役割であると位置づけ、新たな買取手法や業態の開発、そして、ノウハウの提供やサポートを今後も推進し、業界の皆様と共存共栄を目指してまいります。


都市鉱山に眠る貴金属は、日本だけでなく、世界各国にたくさんありますが、まだ掘り起こしが始まっていない状況です。
日本は、貴金属の買取・リサイクルにおいては、世界でも先駆的存在であり、弊社は大きなビジネスチャンスと捉えています。
アメリカ・ヨーロッパ・そしてアジアなどの魅力的なマーケットへの事業拡大を推進し、グローバルなリサイクル企業を目指してまいります。